スポンサーリンク

頬の毛穴の開きはたるみが原因?女性ならやるべきリスト10

頬の毛穴が開いてきたら「たるみ毛穴」かも

どのように開いてますか?30代なら縦長、40代なら涙のような形に開きます。頬(鼻の横も含む)の開いた毛穴は、お肌のたるみが始まっているサイン!

年齢でいえば、早い人で20代後半からたるみ毛穴が出始めます。皮脂の詰まりではなく「お肌のたるみ」が原因です。それにあわせた対処法を実行していきましょう!

エイジングサインを見逃さないで!

そもそも「毛穴が開いた」という表現は間違っているのです。穴の大きさは遺伝性が強く生まれつき決まっています。急に大きくなるということはあり得ません。

若いころはお肌に弾力があって、穴が隠れていたのです。年齢を重ねるうちにコラーゲンが劣化して肌が垂れてきます。すると隠れていた穴が見えるようになり開いたと錯覚するのです。

当サイトでは「毛穴トラブル=エイジングサイン」と考えます。たるみ毛穴が頬に見られるにようになってきたということは、肌の弾力が落ちてきていることを意味します。

「頬がたるんだとは感じなくても老化の足音が聞こえ始めている」ということです。これを「悲しい」と考えるのか、それともチャンスと考えるのかで5年後の肌に違いがでてきます。

老化を止めることは残念ながらできません。ただし遅くすることは十分に可能です。美魔女と呼ばれる女性達が良い例です!

たるみ毛穴ケアの基本は、通常の肌たるみ対策を同じです。劣化し始めたコラーゲンに対してどのように対処するのか?早めの対策が40代、50代にどんな肌をしているかを決めます。

 

コラーゲン配合化粧品やドリンク

肌がふっくらするかどうかを決めるのが真皮にあるコラーゲン。年齢を重ねるうちに弾力性を失い劣化していきます。しだいに肌内部で生成される量も減っていくのが特長です。

コラーゲン配合商品への賛否

減少するコラーゲンを補うための配合化粧品やドリンクがあります。そもそもサイズが毛穴に対して大きすぎて浸透しにくいのです。なので現時点では化粧品よりもドリンクのほうが売れています。

ただ、ドリンクに対してもいろいろな意見があります。そもそもコラーゲンはたんぱく質なんだから体内で消化されてアミノ酸にかえられるのではないか?という意見です。

たんぱく質⇒アミノ酸

たしかに中学生のころに理科で習っていますよね。コラーゲンが別物に変わってしまうと意味がありません。この真偽に関しては今後の研究を待つしかありません。

同窓会前にはコラーゲン配合のドリンク!効果を実感している女性も多いですから否定はできません。一部の研究ではコラーゲンの性質を維持したまま体内に吸収するようなことも言われていますから。

>>毛穴の開きはコラーゲンで改善?飲む・塗るの違い

 

現代女性に必要なたるみ対策とは

ここ数年で女性の肌質は変化してきました。簡単にいえば「敏感になってきている」のです。仕事のストレスや疲れ、睡眠時間の不足や運動不足、冷暖房の効いたオフィスでの乾燥など

女性をとりまく環境はどんどん変化しています。

その結果、

・花粉の季節になると肌荒れしやすくなる
・洗顔すると肌がピリピリする
・季節によって化粧品があわなくなる

といように肌が敏感になってきているのです。

>>このサイトを作った理由

 

敏感肌用コスメが増えている背景

超敏感肌というのは女性全体からすると少数派なのですが、軽度の敏感肌を含めると予備軍とあわせれば半数以上は
いくのではという統計もあります。

軽度の症状も含め敏感な肌はバリア機能が落ちています。角質層に乱れが生じていてキメがない状態です。こうなると肌の水分やセラミドを保持する力も落ちます。

なのでお肌が乾燥ぎみになります。バリア機能が落ちているため紫外線、雑菌などの影響をもろに受けてしまい肌トラブルが起きやすくなる特長があります。

 

ちょっとしたことで肌がピリピリする

このような状態こそ、スキンケアでカバーしたいところです。しかし肌が敏感にかたむているので、ピリピリすることが多く保湿や美容成分を浸透させたくても十分にできなのです。

こんな状態で、コラーゲンも劣化して肌老化も進行します。つまり現代女性に必要なたるみケアとは、角質層を整えてバリア機能と水分保持能力を修復しながらコラーゲン対策を行っていく必要があるのです!

タイトルとURLをコピーしました