スポンサーリンク

たるみ毛穴を改善するには@ちょとずつでもケアすれば変わるよ

stockfoto_47706422_XS

 

このページでは、「たるみ毛穴」について解説します。

30代から目立ちはじめる、ほほの毛穴。

加齢が原因なので早い時期からケアしたほうが有利だし、5年後、10年後の顔が全然違ってきます!

今のアナタの年齢は関係ありません。

毛穴ケアを始めるのに、
「もう遅い」はありません。絶対に!

ただ、早いにこしたことはありません。
今日の1歩で、幸せはグッと近づいてきます

 

たるみ毛穴の原因

コラーゲンの劣化で、皮膚のハリがなくなって今まで隠れていた毛穴があらわになるのが原因です。

ポイントは、毛穴の大きさ自体は変わってないということ。
今までは、ふっくらした肌で、穴の一部が隠れて見えなかっただけです。

肌のハリは、この2つで決まります。

  • 水分
  • コラーゲンの質と数

コラーゲンの劣化だけでなく、乾燥でも、ほほの毛穴は目立ちます。

なので保湿ケアをしっかりすれば毛穴の目立ちが改善するケースもあります。

ただ、コラーゲンの劣化が加速しだす30代後半になると、保湿だけでは対応しきれない部分が大きくなります。

エイジングケアを意識した毛穴ケアを始めることが重要です。

スポンサーリンク

たるみ毛穴はエイジングサイン

一般的には、30代後半からコラーゲンの劣化が始まると言われてます。

 

毛穴の面積が広がりだす年齢が、コラーゲンの劣化する時期と重なってるのが分かります。

しかし、よく見ると30代後半から一気にではなく、30代を通して加速するグラフになってますよね。

これは、加齢以外に、喫煙、紫外線、ストレスでもコラーゲンは劣化するからです。

女性の生活習慣の変化にともない、最近では20代後半から肌の弾力低下が目立ちはじめるケースも増えてます。
加齢の影響も大きいことを表す事例です。

ちなみに、基礎代謝の低下も毛穴の面積を大きくする要因になります。

 

ただ、インパクトとしては、コラーゲンの劣化の影響のほうが大きいです。

 

鏡で自分の顔をみて「肌がたるんでる」と感じだす年齢と、たるみ毛穴が目立ち始める時期にはタイムラグがあります。

肌全体の変化よりも、毛穴の変化が先にあらわれます。「たるみ毛穴」はエイジングサインと考えましょう!

 

たるみ毛穴を改善する方法

ざっくりいえば、肌にハリを与えること、そして酸化させないこと
この2点です。

さらに従来通りの毛穴ケアとして、汚れを肌の残さない、しっかり保湿する、角質ケアして肌のターンオーバー(生まれ変わり)を促す

この3点をあわせて、ほほのたるみ毛穴の改善します。

  1. ★肌にハリを与える(コラーゲンを増やす)
  2. ★肌を酸化させない(抗酸化成分でケア)
  3. 肌に汚れを残さない(洗いすぎ注意)
  4. しっかり保湿(油分もしっかり)
  5. 角質ケア(ターンオーバーを促進!)

たるみ毛穴に効く美容液

 

「ソワン」はプラセンタやビタミンなど、エイジングケア世代に必要な成分をバランスよく配合してる美容液です。

肌にやさしい成分配合なので、敏感肌の人でも使いやすいです。

肌にやさしい美容液は、使えても効果を感じられない、即効性がない商品が多いです。
でもソワンは、ほほのたるみ毛穴に十分効果を期待できる美容液なのが特徴。

毛穴への効果を追求しながら、ストレスや生活習慣の変化で、敏感肌といかないまでも、肌に不安を抱える現代女性に配慮したベスト商品と言えます。

 

ほおの毛穴が気になったら、これから使えば間違いなし
と太鼓判がおせるコスメです。

  • 何からはじめて良いのか分からない
  • 肌に合わなかったらどうしよう

こんな感じで先延ばししがちです。
あれこれ悩むよりなら、安定の総合コスメを使いましょう。

たるみ毛穴ケアがはじめて人でも、迷わず安心して使える1品です。

レチノールでコラーゲンを増やす

肌にハリを与えるのに効果的な成分がレチノールです。

ビタミンAの一種で、シワ対策用の美容液、クリームによく使われます。

コラーゲン生成を促す効果が期待できるので、ほほのたるみ毛穴にも積極的に使いたいところです。

レチノールの効果は高いのですが、肌に刺激になる人もいます。

紫外線を浴びるとシミにつながる可能性もあるのに、日中は控えて夜のスキンケアに使うと良いです。

角質ケアでターンオーバーを促進

古い角質は、自然と肌からはがれおちます。
しかし、加齢で代謝が落ちたり、紫外線の影響で、いつまでもはがれず肌にはりついたままになることも。

「角質肥厚(かくしつひこう)」と言われ、肌がザラザラします。

これを放置すると、美容成分が浸透しにくくなったり、肌のターンオーバー(生まれ変わり)の周期が遅くなります。

お手入れしても、効果がでないのは悲しいですよね。なので定期的にピーリングして、角質を意図的におとしましょう。

ピーリングといえば、肌を剥がすイメージで怖い。。。。という人もいると思います。

たしかに強すぎる成分の商品もありますからね。

適度な成分で、しかも使いやすい商品としては、「タカミスキンピール」があります。

タカミスキンピールの公式サイト

 

洗顔後に、顔になじませるだけなので簡単に、角質ケアできます。

タカミスキンピール公式⇒

保湿は化粧水だけでなくクリームや乳液まで

「化粧水はケチらずたっぷり使いましょう」とよく言われます。

たしかに量が足りないと保湿になりません。しかし、化粧水を大量に使えばよいとも限りません。

なぜなら、肌が受け入れられる水分量には限界があるから。

吸収できなかった分の水分。実はこれが怖いんです!
水分は蒸発するときに、周辺の水分も道連れにする特徴があります。

つまり、余分な水分が蒸発するとき、肌に必要な水分までもっていってしまうのです。

なので、化粧水を使ったら、必ずクリームや乳液などの油分でふたをすることです。

これは肌質に関係ありません。

皮脂が多いと、オイルフリーアイテムを使いたくなりますが、要注意です。

化粧水の量を増やせば増やすほど、肌の水分は減り、もともとある油分とのバランスが崩れインナードライ肌になるかもしれません。

クリームがどうしてに苦手な人は、乳液からはじめてみると良いです。

タイトルとURLをコピーしました