スポンサーリンク

顔のたるみやシミ、しわを予防するための紫外線対策講座

シミに悩む女性

30代に目立ち始める頰の毛穴の開きの原因は「皮膚のたるみ」です。 対策として前回の記事では「抗酸化コスメ」と「バリア機能の回復」が有効であるとお伝えしました。 今回はその続きで、もうひとつ外せない「紫外線対策」がテーマです。

 

紫外線の強いところは若い頃の蓄積が年齢を重ねてから出てくるところです。 10代のころは積極的に海やプールで日焼けをしていた人もいるでしょう。

 

夏のバカンスが終わり秋が見え始めてきたころに、顔にシミが出来て大慌てした経験はありませんか? 紫外線をあびた次の日に、何か起きるよりもジワジワと姿をあらわしてきます。 日焼け後にきちんとケア(炎症を抑えて保湿&美白)すれば防げたかもしれません。

 

同じ紫外線対策をしても10代のころと、30代では結果が違ってきます。 肌の角層状態によっても焼け方が違ってくると言われています。 年齢を重ねると角層が乱れ、バリア機能も低下してくるので要注意です!

 

10代のころは、外出するときは日焼け止めを塗っておくぐらいで良いのですが、 20代、30代と年齢を重ねるうちにやるべきことが増えていきます。 ポイントは前述の通りで「抗酸化コスメ」と「バリア機能の修復」そして「紫外線対策」です。

 

紫外線対策は、日差しが強くない曇りの日でもしないとダメなことはご存知かと思います。 今回はたるみ予防のための対策なので顔が中心なのですが、他のパーツも注意してくださいね。

うっかり日焼けしてた・・・と気づいたころには手遅れですから。 よくあるのはタンクトップの跡やサンダル焼けですね。 恥ずかしくて隠すためにおしゃれに制限がかかるのはツライですよね?

 

紫外線対策で注意した顔のパーツは、突き出ていところです。鼻筋とか口、目の周りです。 頰や額はみんなやっていると思いますので割愛します。

皮脂腺が少ない部分ほど日焼けのダメージは大きくなります。その視点でいくと「口」と 「目の周り」は要注意です。

 

日焼けのせいで、唇の皮がよく向ける人は注意してください。唇やその周辺がたるむことで 老け顔が強くなってくると言われています。紫外線や年齢の影響から唇が痩せてきます。

特に日差しの強い夏はリップの範囲をひろめにとりましょう。 唇は角層が薄いので水分保持力がききませんので、保湿はマストです。 夏は特に美容液でスペシャルケアしてあげると良いでしょう。

日焼け止めをそのまま目元にぬるとこすってしまいがち

 

シミ、たるみ、フケ顔を作るパーツといえば「目元」と答える人も多いでしょう。 乾燥しやすい部位なので手でこするとダメージになりやすいです。 摩擦をさけるために日焼け止めと乳液を混ぜて使うのがおすすめです。

目元で顔の印象は大きく変わります!目元専用の紫外線対策&保湿ケアができる コスメも販売されていますので検討してみてはいかがでしょうか?

 

 

 

タイトルとURLをコピーしました