スポンサーリンク

ビタミンC誘導体で毛穴ケア@肌質に合わせて効果アップ!

puppy love

あらゆる毛穴ケアに有効な成分がビタミンCと言われています。なかでも肌への浸透しやすくした誘導体が有名です。

皮膚に浸透して、紫外線によるダメージを回復したり、メラニンを白く還元する効果も期待できます(→メラニン毛穴に有効)。

 

抗酸化力があるので、古い角質や皮脂汚れが混ざり合い酸化した角栓対策にも有効。

その重さで毛穴を広げてしまう皮脂酸化物の生成抑制、真皮にあるコラーゲン生成の促進で“たるみ毛穴”の対策にも効果的です。

20代になったらとりあえずスキンケアにビタミンCを!この考え方が大切なのですが、今回はさらに奥の話しをします。

 

肌別おすすめのビタミンC誘導体

誘導体にもいろいろな種類があります。人と同じで個性があります。○○は得意だけで、△△の弱点があるんです~みたいなカンジで。その個性を知ることで、あなたの肌にあう誘導体が分かるのです。

ビタミンC誘導体の種類

まず誘導体の種類から確認しましょう。

・ピュアビタミンC(アスコルビン酸)
・APPS(パルミチン酸アスコルビルリン酸3Na)
・アスコルビルグルコシド(L-アスコルビン酸2-グルコシド)
・APM(リン酸アスコルビルMg、リン酸L‐アスコルビルマグネシウム)
・APS(アスコルビルリン酸Na、リン酸L‐アスコルビルナトリウム)
・VC-IP(テトラヘキシルデカン酸アスコルビル、イソパルミチン酸型ビタミンC誘導体)

脂性肌・乾燥肌・混合肌にあうのは・・・

・脂性肌にいいのは・・・
ピュアビタミンC(アスコルビン酸)→肌への浸透するスピードが一番速いのが長所。短所は壊れやすいこと。扱いが難しいので化粧品などのメーカーの技術力の差がでやすい。

・肌質を問わないのは・・・
APPS→浸透も早くて肌に刺激も与えにくいのが長所。浸透性だけでみるとピュアビタミンCのほうが優れているが、肌質を問わないオールマイティーなところが魅力♪

 

・乾燥肌向け・・・VC-IP→長所は水溶性ではなく脂溶性なのでカサカサの乾燥肌の女性にピッタリ!。オイルやクリームなどに配合されることが多いです。短所は浸透性が一番遅いこと。

アスコルビルグルコシド、APM、APSは浸透性のスピードは中くらい。可もなく不可もなし。

 

毛穴ケアに有効なビタミンCの使い方

広告によく「高濃度」と書いてあるけど

ビタミンC誘導体配合化粧品で肌がピリピリする女性もいます。「高濃度=肌に良い」と思いがちですが注意が必要です。

肌を甘やかしてはいけません

ビタミンC誘導体を使うときのコツは「休みの期間」を入れること。肌を甘やかすことはよくありません。3対1が黄金比率です。例【使う=3か月、休む=1カ月】

タイトルとURLをコピーしました