スポンサーリンク

毛穴レス講座2日目:クレンジングオイルで詰まりをなくす

Carlosgmenezo / Pixabay

「クレンジングオイルは使いたいけど、、、肌に悪いんじゃないの?」

そう考えてる人も多いと思います。実際、わたしもさけてました。

しかし、使ってみると肌荒れ、乾燥せずに毛穴ケアできました。

今回は、毛穴ケアに最適なクレンジングオイルについて解説します。

古い角質や皮脂が毛穴に詰まってる

肌に汚れがたまると、保湿しても美容成分が十分に浸透しない

その日の汚れは、その日に落とすのが基本です。

ていねいに顔を洗ってる人でも、落としきれてない汚れがあります。

皮脂、ベースメイク、日焼け止めです。

・汗に強いコスメ

・UVカット効果の高い日焼け止め

ちゃんと落としたつもりでも、肌に残ってるものです。

クレンジングオイルが毛穴ケアに良い理由

 

  1. カバー力のあるコスメでもスルリと落とせる
  2. 肌をこすらずメイクや詰まりを落とせる

1.カバー力のあるコスメでもスルリと落とせる

女性は男性と違い化粧をするので、洗顔しても汚れが肌に残りやすいです。

油分のメイクを落とすには、それに応じた量の油分がクレンジング剤にも必要になります。

数種類あるクレンジング剤のなかでも、油分が多いのはクレンジングオイルです。

肌に負担になるから避けてる女性も多いと思います。

しかし、それは過去の話で、いまは肌の負担をできるだけおさえたクレンジングオイルが発売されてます。

 

2.肌をこすらずメイクや詰まりが落とせる

肌をきれいにしたいなら、肌はこすらないがキホン

メイクがなかなか浮かないので、指でこすって落としてませんか?

肌にやさしいと言われるクレンジングミルク。でも乳化が遅いので、イライラしてる女性も多いと思います。

指でこすると、乾燥、シミ、シワの原因になります

 

クレンジング剤が肌にのってる時間が長いほど、肌に負担になります。

テクスチャもクレンジング選びでは重要です。手が肌にふれないくらいのとろみが必要です。

オイルは、ミルクよりもとろみがあり、ジェルやクリームのようにかたくないので理想といえます。

 

皮脂を落としすぎるクレンジングオイルはNG

クレンジングオイルが理想だと言いましたが、注意点もあります。

カバー力のあるベースメイク、古い角質の詰まりを落とすだけでなく、肌に必要な皮脂は残すものを選ばないといけません。

きれいな肌には美肌菌がたくさん生息してます。

皮脂が大好物なので、肌にないと善玉菌が減ってしまいます。

安価なクレンジングオイルだと洗浄力の強い成分を使用してるので要注意!

値段が高いから良いものと必ず言えませんが、2000円以上のものを買ったほうが良いです。

まとめ

 

  • 毛穴の詰まりが、保湿のジャマになる
  • その日の汚れはクレンジングオイルで落とす
  • 洗浄成分だけが強い安価なものはNG(2,000円が目安)

次の記事は>>>毛穴レス講座3日目:洗顔のすすぎに気をつけよう!

まだ読んでない人は、3日目に行く前にチェックしてみてください。毛穴汚れを取りやすくするための方法を書きました。

>>>毛穴レス講座1日目:洗顔前に肌を温めよう!

タイトルとURLをコピーしました