スポンサーリンク

毛穴のくすみケア@乾燥している肌とゴワついている肌では対策が違う

顔のくすみがひどい場合は、乾燥系なのかゴワつき系なのかで対策は違います。

もちろん肌にやさしい洗顔で不要な皮脂や汚れを落としていくのが基本です。その他の対策として何をすればいいのかをまとめます。

 

◆肌が乾燥している場合

“乾燥ぐすみ”の場合は角層を水分で満たしてあげるケアが有効です。つまり保湿を強化するということです!化粧水利用してコットンパックする。

あるいは保湿系のシートマスクを購入してスペシャルケアしてあげると良いでしょう。

顔全体が乾燥、カサついている場合はシートマスクのほうが簡単で良いです。

しかし部分的に、特に頬の高い部位が乾燥しているならコットンパックのほうが効果が出やすいです。

広く浅くやるならシートマスク、部分ケアならコットンパックのほうが優れています。

 

◆肌がゴワついている場合

肌がゴワついている、ザラザラしている場合は角質ケアが必要です。古くなった角質が毛穴に詰まっています。

何かしらの原因で体外に排出されなくなり肌の透明感が失われています。

意図的にはがすケアをすることで肌の表面をなめらかにしましょう!

 

ピーリングコスメが有効です。低刺激で毎日利用できるものがオススメです。洗い流すタイプなら石鹸状のものが初心者には扱いが簡単です。

あるいはコットンを利用してふきとり化粧水で角質ケアするのも簡単なのでオススメです。

 

不要になった角質をそのまま放置しておくと”くすみ”以外にもシミや毛穴の目立ちの原因になります。

年齢を重ねると肌のターンオーバー(生まれ変わり)の周期が遅くなっていきます。30代になったら角質ケアもスキンケアにとりいれましょう。

ターンオーバーを促進させるのに有効な成分のひとつが“レチノール”です。

この成分が配合された化粧品を使用してみる、もしくはエッセンスを購入してご使用中の化粧水や美容液に混ぜて使用するなどの方法があります。

タイトルとURLをコピーしました