スポンサーリンク

肌ステインを落とすには。くすみを取るクレンジング。

StockSnap / Pixabay

 

肌のくすみって、実年齢より老けてみられるのでイヤですよね?

そんな悩みを改善できる方法があるんですよ。

今回はくすみの対処法をご紹介します。

クレンジングで肌ステインを除去

「くすみといえば美白化粧品!」という女性が多いです。あなたはどうですか?

たしかに、紫外線を長く浴びると、角質肥厚が起きて肌がくすみます。

 

「でも、美白化粧品はいろいろ使ってるよ!!全然効果ナイけど。。。」

と言う人もいるかもしれません。

そんなアナタの悩みの原因は、「肌ステイン」かもしれません。

もしそうなら美白ケア(メラニン対策)しても効果はないと思います。

 

「肌ステイン」は、活性酸素と角層のタンパク質が酸化して生まれる物質で、メラニンとは別物。

活性酸素とは、カラダを酸化させて守ったり、体内の酵素の活動を促進するものです。

 

その過程で生まれる副産物もあり、増えすぎると【老化】【発ガン】【動脈硬化】などマイナス面が大きいのが特徴です。

「肌ステイン」もその一つで、歯の黄ばみのように、角層にこびりついて離れずくすみの原因になります。

なぜ美白化粧品でケアできないの?

美白化粧品は、肌ステインではなくメラニン対策用に開発されてます。

もちろん、紫外線を浴びたあとのメラニンが原因で肌がくすむこともあります。

 

美白化粧品を使っても、肌のくすみが改善されないなら、「肌ステイン」が原因かもしれません。

さきほど言ったとおり、歯の黄ばみと同じように、肌にこびりついて離れません。

ふつうの洗顔で落とすのはムズカシイと言われてます。そんな肌ステインですが、自然界に対処法がありました。

ロックローズオイルが肌ステインに効果があると判明!

紫外線が強く酸化しやすい場所でも綺麗な花を咲かせるロックローズ。この花から抽出したオイルが、肌ステインを柔らかくして、角層から切り離す効果があるとわかったのです。

 

ロックローズオイルの効果を最大限に発揮させるには、クレンジングオイルが良いという理由で開発されたのが、アテニア『スキンクリアクレンズオイル』です。

 

美白化粧品や洗顔で効果がなかった女性に、肌のくすみが改善できるクレンジング!と口コミで広がり人気商品になりました。

 

「なんか良さそうだけどクレンジングオイルでしょ、、、肌に良くないんじゃないの?」

そう思うかもしれません。

たしかに、ネットで調べるとクレンジングオイルの評判。。。。最悪ですね

「オイルは肌に良くない」と呪文のようにとなえられてます。しかも、必ずさいごにオススメのクレンジングが紹介されてたりする。。。。

クレンジングオイルが肌に良くないと言われる理由

メイク落ちを重視するなら油分が多いほうが良い、しかしオイルを増やすと洗浄成分が大量に必要になる。

洗浄成分をへらしたら、すすいでも完全には落としきれず、肌に残ってしまう。禅問答のような状態になってしまいました。

その結果、メイクはよく落ちるけど、肌に負担になるということで、一気に評判が悪くなりました。

 

しかし、アテニアのスキンクリアクレンズオイルは、汚れを細分化して乳化するように作られてます(=ウォーターキャッチオイル処方)

なので、最低限の洗浄成分だけでメイクオフできるし、きちんとすすげば肌に残ることはありません。

洗顔で失いがちな水分は、バオバブオイルでキープできるように作られてます。

 

肌にメイクが残ってると肌ステインは増えやすくなります。しかも1日あれば、かなりの数が増えると言われてます。

なので小まめに除去しないと、いつまでも肌のくすみは改善しません。洗顔は毎日するものなので、無理なく肌ステインを落とせます。

 

たった1つで、くすみを消す+時短メイクオフ+毛穴ケアまで

・今なら初回限定申し込みで送料無料&ドレスリフトローション(14日分)をプレゼント♪

【注意】クレンジングは薬局、ロフトなどでは市販されてません。

>>アテニア公式サイトはこちら

 

食べ物で肌のくすみを改善する

肌のくすみは「メラニン」「血行不良」そして第三の原因と言われる「肌ステイン」により発生します。

それぞれの原因に効果的な食べ物を紹介します。

ちなみに、肌のもとになる「たんぱく質」は必ず取るようにしてください。

 

肌ステインの原因、活性酸素をビタミンCとEで消す

すでに角層にこびりついてる肌ステインに効果的な食べ物やサプリメントはありません。しかし、増やさないための予防に良いものならあります。

体内の活性酸素を消去すれば、角層のたんぱく質と酸化しないので、肌ステインが生まれません。

【復習】刺激→活性酸素+角層=肌ステイン

対処法としてはビタミンCの還元作用を利用するのが効果的です。なのでビタミンCを食べ物やサプリメントで摂取するのが良いのです。

ビタミンCだけでなく、ビタミンEも一緒にとるようにしてください。体内で抗酸化作用を樹分に発揮するためには、両方あったほうが良いです。

 

・ビタミンCがとれる食べ物

ブロッコリー、ほうれん草、ピーマン、キャベツ、れんこん、など

・ビタミンEがとれる食べ物

玄米、大豆、植物油など

 

抗酸化作用のある成分と食べ物(ビタミンC、E以外)

・ビタミンA(にんじん/かぼちゃ)

・カテキン(緑茶)

・イソフラボン(大豆)

・リコピン(トマト)

・アスタキサンチン(鮭、えび、いくら)

 

 

血行不良に良い食べ物

肌のくすみの原因のひとつが「血行不良」です。血の流れが悪くなると、細胞のすみずみまでエネルギーが行き渡らなくなります。代謝が低下して、体内に老廃物がどんどん蓄積します。

 

足のつまさきだけがいつも冷たい、など血行不良の自覚症状がある女性は、体を冷やす食べ物をできるだけさけることが重要です。

 

・生野菜、市販のサラダvs自分で調理した温野菜

生野菜は体を冷やします。市販のサラダは栄養値もそれほど高くありません。

なので自分で野菜を準備して調理して食べるのが一番、冷えには効果的です。

ほうれんそう、にんじん、かぼちゃなどの緑黄色野菜なら、電子レンジで温めるだけで温野菜として食べられるので時間のない人にオススメです。

「でも、加熱するとビタミンが壊れるって聞いたことありますよ」

と思うかもしれっません。たしかに、100%壊さずに調理することはできません。

ただし、加工されて栄養値の少ない市販のサラダをたべて体を冷やすよりなら、家で温野菜をたべるほうが効果的であるのは間違いありません。

「野菜ってすぐいたむから保存できないし、毎日スーパーに買いにいくのは面倒」

という人もいると思います。それなら冷凍野菜をレンジで温めてください。

コンビニのサラダよりなら、冷凍野菜のほうが栄養分は残ってると言われてます。

もしくは、休みの日に大量にかって、1食分にして冷凍しておくのも良い方法です。

これは絶対だいじょうぶ!という方法はありませんので、最大効果のある妥協点をみつけないといけませんね。

 

・冷たいvs温かい

水をのみすぎると体が冷えて、血行不良になります。水はほどほどの量にして、温かいハーブティーなども飲むようにしましょう。

野菜をたべるときも、サラダよりも温野菜にして食べるほうが良いです。

 

・ビタミンCとビタミンEを含む食べ物

 

 

紫外線を浴びた肌に良い食べ物

・抗酸化作用のある食べ物

肌ステインの話で紹介した食べ物と同じ

シミやそばかすの原因になるメラニンは、活性酸素が生成を促進させます。なので肌ステイン予防と根本は同じになります。

・海や山に行くなら数日前からビタミンCをとる

海に遊びにいく、山登りをする、などスケジュールが決まってるなら、予定日の数日前からビタミンCをとっておくと良いです。

 

ビタミンCは美容だけでなく、さまざまな分野に効果があるのは、想像しやすいと思います。

つまり、体のあちこちが、ビタミンCをほしいのです。

自分では美容に優先的に使いたい、、、と思ってもコントロールできません。

なので体に必要な分を事前に摂取しておく、ためておくということも予防には効果があります。

 

睡眠の質を高める

寝ている間に、肌は生まれ変わります。しかし、布団のなかに入ってれば良いわけではありません。どれだけ深く眠るかで、分泌されるホルモン量が決まるからです。

さらに時間も大事です。個人差はありますが6時間以上はとりたいものです。

 

ストレスでも肌は老化することが分かってます。できるだけ頭にためこまないことが大事です。

人間は寝てる最中の記憶の整理をします。

いやなことを忘れるのも、この一つです。もちろん翌日にきれいさっぱり忘れることはありませんが、当日よりは記憶は薄れますよね。睡眠の時間と質を意識してみましょう。

 

 

タイトルとURLをコピーしました