スポンサーリンク

鼻の上の黒いブツブツに要注意!洗顔があってないかも

鼻の上の黒いブツブツは、鏡を見るたびに凹む女性もおられます。 あなたはどうでしょうか?

市販の洗顔料やクレンジングでケアしても改善する兆しはなく、メイクで隠すにしても時間がたてば崩れてしまう人が多いです。 消すのも隠すのも無理では、他人の視線が気になり女性にとってツライですよね。

 

どうすれば鼻の上の黒いブツブツをなくすことができるのか? まず黒ずみの正体から考えてみましょう。こたえは「角栓が酸化したもの」です。

 

 

じゃあ、角栓はどうしてできるのか? 肌の老廃物やメイク汚れ、皮脂汚れが混ざり合ってできます。 はじめは白い色をしており、毛穴をふたするので「角栓」と呼ばれています。

角栓が白い状態だと、指や専用の棒を使えば力で取り出すことが簡単です。 一瞬は除去できるのですが、すぐに元に戻ります。さらに症状を悪化させて、 毛穴の開きを加速させることができます。

まず毛穴のつまりを無理に取り除こうとしないことです。クセになると 暇があれば鼻の手がいってしまい、何回もやってしまいます。 気づいたころには、毛穴が大きく開いてクレーターがあちらこちらに(汗)

つまり毛穴や角栓が酸化して黒ずみも目立つようになってきます。 こういう症状が特に鼻に目立つのは、皮脂の分泌が多いからです。 鼻を含んだTゾーンは、顔のなかでも皮脂分泌が多くテカリやすいのが特長。

 

これは肌質に関係ありません。乾燥肌と思っている女性でも、Tゾーンだけは てかっていることは普通にあることです。

 

角栓を除去するために、皮脂対策が重要だと感じられる人も多いと思います。 そのさいに注意していただきたいのは、皮脂を悪者だと決めつけないでほしいこと。 肌のバリア機能としても活躍します。過剰に分泌されるたものは不必要なので 除去してよいですが、必要なものまで落とさないことが重要です。

 

洗顔やクレンジングのなかには、洗浄成分が強いものもあるので、 肌に必要な皮脂を取り除かないように注意しないといけません。

鼻にできた黒いブツブツを取り除くためには、肌にやさいしい洗顔で かつ毛穴ケアに有効なものを使うのが一番効果的な方法です。

 

 

 

タイトルとURLをコピーしました