スポンサーリンク

乾燥からくる毛穴の目立ちは化粧水よりも洗顔の見直し

ビューティー

冬になると肌が乾燥しやすい女性は毛穴の目立ちも気になる人が多いです。 保湿をしっかりしているつもりでも、カサカサの肌が改善しない。。。 ましてや、どんどん毛穴の開きも大きくなっている気がするという感じ。

肌ケアとして、一番先に確認すべきは洗顔です。保湿が重要だということで、 化粧水を注目しがちですが、それよりも重要なのが洗顔なんです!

 

 

理由は大きく分けて2つあります。

ひとつは、化粧水の美容、保湿成分が通過する道につまりがないかです。

これについては「毛穴に角質が詰まっていると化粧品は浸透しないの?」という記事を書きましたので興味のある方は 御覧ください。成分は真皮と毛穴の両方をから浸透するという内容です。

ふたつ目の理由はメイク落としや洗顔石けんが肌に刺激を与えていないか? ということです。

 

肌をきれいにするために毎日している洗顔が、実は 肌の乾燥や毛穴の開きの原因になっている可能性があるのです。

日本の場合、クレンジングと洗顔フォーム(石けん)のダブル洗顔が基本ですね。 メイクが短時間で簡単に落ちるという理由で、自分の肌にあわないものを 長い期間使ってしまう女性も多いです。

 

肌荒れのような目に見える形で症状が現れれば、使用を中止すると思いますが、 厄介なのは使用者本人も気がつかないうちに肌にダメージが残っていく場合。

肌を守るために皮脂の過剰分泌や硬直が始まります。

つまり肌が正常な状態ではなくなりますので、さまざまな肌トラブルの 原因がうまれていくということです。

 

さきほど、皮脂の話をしました。女性にとってはテカリの原因になる皮脂は ないほうが良いものとして認識されている場合が多いのですが、 実はお肌の潤いや外部の刺激から守るために必要なものなんです。

もちろん、過剰に分泌されているものはあぶらとり紙などでとっても大丈夫です。

ただ、必要以上にでてくる原因が洗顔にある場合もあることをお忘れなく。

 

刺激の強いクレンジングやゴシゴシ洗顔によって皮脂が奪われ 角質も乱れてくると肌のバリア機能が低下して、外部の刺激に弱い肌になります。

さらに注目すべきは水分の保持能力さえも落ちてしまうことです。

 

今回ご紹介した事例は冬でなくとも起こりうることではあります。 ただ外の温度と屋内の温度差が激しい冬はひしひしと、肌の変化を感じやすいのです。

もし肌の調子が悪いと感じた場合は洗顔の見直しをしてみてください。

 

そこができて、ふだんの保湿でも改善されない場合は、化粧水の見直しの 段階にはいります。

洗顔と化粧水を一気に変えて改善されても けっきょくどちらが原因だったのか分からなくなるので、ひとつずつ 調べていくことをおすすめします!

 

 

タイトルとURLをコピーしました