スポンサーリンク

鼻の毛穴に白い塊が詰まっている!脂汚れを落とす方法

鼻の毛穴につまった白い塊は、皮脂と古い角質が混ざったモノ、脂肪のかたまりです。

穴をふさぐ栓(せん)という意味合いで、”角栓”と表現されます。穴をふさいだ状態を白ニキビと呼ぶこともあります。

鼻にできる女性が多く、触るとザラザラ、放置すると酸化して黒ずみになります。

角栓ができる原因

最近はメイクを落とさないまま眠ってしまう女性も増えています。

仕事から帰宅したら、疲れてそのまま朝(汗)

これが日常化すると汚れが詰まって、毛穴の奥の白い塊が目立ち始めます。

 

クレンジングや洗顔で汚れが落ちてない

「毎日洗顔してるのに((o(>皿<)o)) キィィィ!!」と悲しんでる人もおられます。

不潔な肌にできると勘違いしてる人が多い。

 

最近のコスメは洗顔で落としにくいものが増えてます。

洗顔したつもりでも実は汚れを落としきれてない女性は多いのです。

 

 

代謝の低下も原因

角栓の正体は【皮脂+古い角質+汚れ】

 

角質は本来なら垢(あか)になって放出されるものです。

 

角質が毛穴に残り続けるのは代謝が落ちてるからです。肌のターンオーバー(生まれ変わり)が乱れています。

 

女性の基礎代謝量の変化の折れ線グラフ

厚生労働省e-ヘルスネット「加齢とエネルギー代謝」を参考に作成。

 

上のグラフから、女性の基礎代謝は10をピークに減少することが分ります。

 

代謝が落ちると血流もリンパの流れも悪化する

20代~50代の女性の血流量の変化を表した棒グラフ

代謝が落ちると血流、リンパの流れが悪くなり老廃物が溜まります。

ヒドくなると夏でも【冷え】を感じます。

白いブツブツのとり方

ざっくり言うと。。。

  1. オイルマッサージで角栓を出やすくする
  2. 専用の道具で角栓をとりのぞく
  3. 蒸しタオルで毛穴の皮脂を出し切る
  4. 毛穴を冷やして引き締める

では詳しく説明していきますね。

1.オイルマッサージで角栓を出やすくする

・オイルマッサージで肌を柔らかくする

・角栓が浮くので、肌に力をかけずに優しく取り除ける

クレンジングオイルの選び方

・粘土のあるテクスチャーのもの
・角栓に働きかける成分が入っているもの

 

・ファンケル マイルドクレンジングオイル

 

角栓を分解する成分を配合。ぬれた手でも使え、まつ毛エクステ中の女性でも大丈夫です。

 

通販申し込みに限り、洗顔クリームをあわせたお試しセットを販売中。

 

>>無添加エイジングケア洗顔 実感キット

 

2.専用の道具で角栓を取り除く

・必要最低限の力で済ませる(=刺激を少なくする)

・指で無理に角栓を取りださず、専用の道具を使う[/memo]

ツルリ 小鼻つるり筆

指では届かない毛穴の奥の角栓をゴッソリかき出す小鼻専用洗顔ブラシ。

 

いつもの洗顔にプラスするだけでツルツルの小鼻に洗い上げます。

 

極細で適度なハリのある100%天然馬毛は肌ざわりもやさしく、心地よい使用感です。

 

1本1本が筆職人の手作りです。

マペペ 黒ニキビ押し

黒ニキビとは、毛穴が開いて、詰まっていつ角質と皮脂が外から黒く見える状態を言います。

 

皮脂がたまりやすい部分(鼻やオデコ)に出来る事が多いものです。

 

ステンレス素材で、気になる黒ニキビを取り除きます![/box]

3.蒸しタオルで毛穴の皮脂を出し切る

角栓がとれた毛穴には皮脂がつまってます。蒸しタオルを肌にそっとあててください。

毛穴が開いて奥から皮脂がでてきます。タオルで優しく取り除いてください。

4.毛穴を冷やして引き締める

最後は毛穴を冷やして引き締める作業です。冷やしたタオルか保冷剤で肌を冷やします。

最初はキーンと冷たいです。慣れてくると、冷たさを感じなくなります。

その時点で冷却作業は終わってokです。この方法は白い塊だけでなく、酸化して黒くなった汚れにも効きます。

タイトルとURLをコピーしました