スポンサーリンク

毛穴が隠れない。接客業の女性におすすめのスキンケア

green20160902294716_tp_v

顔の毛穴を他人に見られるのはツライですよね。仕事ではしっかりメイクする女性が多いと思います。接客業はメイクするのが基本ですから、肌の状態に関係なくやらないといけません。

 

毛穴の開きの程度によりますが、化粧するほど目立ちがひどくなりませんか?顔を洗ったばかりなら目立たない毛穴も、時間がたつにつれて醜くなる(汗)

 

早い人なら通勤中に顔がテカりはじめ、ファンデーションが毛穴落ちします。一度メイクした顔の化粧直しは、朝のようにいきません。不満をもったまま1日の仕事をスタートする女性も少なくありません。

毛穴ケアに効果的な商品を知りたい人は、以下のリンク先ページをご覧ください。

[kanren id=”4604″]

肌が汚くて、接近して話すのもツライ

green20160902090216_tp_v

窓口業務や販売など、お客と接近する仕事なら、人の視線のストレスもつらいことでしょう。他人ならガマンするけど、好きな人に接近されるのは泣きたいという人もいます。

・好きな人にデートに誘われても、毛穴が気になって憂鬱、、、
・どうせ汚い肌の女を好きになる男はいないよね、、、
・本当は濃い化粧したくないけど、仕事で汚肌をさらすわけにはいかないし、、

・化粧しても毛穴は丸見え(汗)

 

そんなに落ち込まないでください。たしかに肌がキレイなことは、仕事でも恋愛でも大切なことです。人は外見よりも内面が大事!と一般的に言われまずが、見た目が9割なのが現実です。

肌がきれいだと、それだけで相手に好印象を残すことができます。仕事ができなくても、笑ってれば周りが助けてくれる、、24歳までなら許すとされる男性社会の暗黙の了解も、肌がきれいで明るい印象がある女の子にしか適用されません。

”見た目が9割”の社会でどう生きるか?

yuka853_maxchip15192146_tp_v

外見が華やかの人のほうが、仕事も恋愛もうまくいきます。お客も男性も向こうから寄ってきます。脚や胸、鼻の高さや身長など、体のパーツは変えられません。でも肌をきれいにすることなら誰でもできます。つまり「肌のきれいさ」で勝負はつくということですね。

 

いろいろスキンケア用品は買ったけど、全然きれいにならなかったよ(怒)

 

という人もいるでしょう。わたしだって、探すのに一苦労しました。毛穴のスキンケア商品を意識して探してたころは、総額20万は使いました。洗顔、クレンジング、美顔器(スチーム)、化粧水や美容液、化粧下地やファンデーション。いろいろ買いました。

 

高濃度ビタミンcの美容液を使ったら、塗った部分だけ乾燥すると白くなりました。

毛穴を隠すためにメイクに力をいれるほど、汚れが落ちなくなりました。なので泡が山のようになる洗顔石けんや、濃いメイクもするっと落ちるクレンジングも買いました。

バラバラに試すよりもラインをそろえてスキンケアするほうがいいと言われれば、何万もかけて買い揃えました。でも何も毛穴の目立ちは改善されませんでした(個人の感想です)

下地やファンデだけで毛穴の悩みは解決しない

悩みすぎて禿げそうになりましたが、なんとか毛穴の目立ちによいものを見つけました。

わたしの結論は「化粧で隠す」ではなく「素肌(すっぴん)をきれいにする」ことです。

 

化粧で隠すには限界が多すぎます。大きな毛穴は隠れないし、朝から夕方までキープできる化粧品はありません。化粧直しがしたいときに限って、仕事が忙しくてトイレににも行けません。汗かきながら汚い素顔をお客に晒さないといけません。

 

女性は生理があるので、時期によっては肌荒れがひどくなりますよね。仕事上、メイクは必要だとしても、化粧のりが悪くて泣きたくなりませんか?

 

毛穴を隠す下地やファンデーションは数多くありますが、肌の負担もひどくかかります。お泊りや旅行で、がっちりメイクで1日を過ごし続けるのもおかしいし。

 

すっぴんは無理でもせめて薄化粧で済ませたいところです。とは言うものの、薄化粧だと毛穴がパックリ開いて、こんな顔では彼氏に嫌われる可能性もありますよね。醜い毛穴を隠すも、さらすも地獄なのはツライことです。

肌に良い生活習慣をしたい!でも働く女はすぐに始められない

imaric20160805310323_tp_v

よく寝るとか、肌によい食べ物をとるとか、生活習慣はとても大事です。

でもすぐに全部を変えることはできません。接客業だと1日中立ちっぱなしとか、話しっぱなしの女性も多いでしょう。脚がむくんだり、頭痛や肩こりがひどかったり。。。家で自炊する気にもなれません。外食やコンビニごはんで済ませるのも仕方ないでしょう。

睡眠時間が大事でも、仕事を含めてライフスタイルは決まっててるので、そう簡単に変更できません。

 

ストレスでも敏感肌になる女性(特に接客業)も増えています。仕事そのものよりも、人間関係の悩みも多いようです。

・サボってばかりで働かず、自分よりも高い給料をもらっている先輩

・失敗を周囲のせいにばかりする無能な上司

・好き嫌いがハッキリしていて、嫌いな人を見つけると悪口ばかり言う人

・自分のやるべき業務を人に回して、定時で変えるヤツ

 

pak85_sumahoman20141123104549_tp_v

いろいろな人がいますよね。もちろん理不尽なことを言っている得意の客もいるでしょう。ストレス発散に旅行でも行こうと思っても、まとまった休みはとれないし、お金もかかるし、そもそも外に出たくない人も多いでしょう。

 

ストレスはたまるばかりです。なので出来ること、スキンケアから始めるべきです。

こんな記事も読まれてます

毛穴を引き締めたい。即効性がある化粧品で素肌に自信⇒

 

タイトルとURLをコピーしました