スポンサーリンク

紫外線対策しないと毛穴は開きっぱなし@正しいスキンケア

これまでの正しいスキンケア対策の記事です。

 

紫外線が毛穴の目立ちの原因になっています!

正しいスキンケアを行うことが毛穴レスの美肌になる近道です!第三回目のテーマは「紫外線対策」です。取り組まれている女性も 多いと思いますが本当に正しいケアになっているのか確認しましょう。

紫外線のダメージは年々蓄積、あるときに表面化

まず確認しておきたいことは、紫外線の影響が肌にでるまでには タイムラグがあるということです。夏場に紫外線をあびたからといって、すぐに肌に影響がでません。

※肌の色が・・・という話しではなくてシミとかの美容的な影響

 

秋、冬と空気が乾燥するなかで少しずつ影響がでてきます。さらに年齢を重ねていくにつれて肌にダメージが蓄積します。

若いうちは、肌を焼いても問題なかったけれども、年齢を重ねる うちに取り返しのつかないほど美容的な影響がててきた・・・ということは20代後半を超えるとありえる話しなのです。

 

SPFが高い=いいものではナイ

紫外線対策として日焼け止めを使用することは基本ですが、SPFはどの程度のものを選ばれていますでしょうか?「紫外線防御指数」を意味する数字で 2あたりで日焼けの速度が1時間遅くなります。

日焼け止めを選ぶさいにSPFが高いほど良い物だと勘違い されている女性がいらっしゃいますので注意してください。必要以上のものはいらないし逆に肌の負担になりかねません。

個人的な見解になりますが、SPF20~30 ぐらいあれば十分ではないかと考えています。

重要なことは、状況にあわせて塗る回数や時間を決めることです。通常であれば2度塗りで十分ですし(2回目は焼けやすい部位)長時間外出するさいには3時間ぐらいで塗り直すなどしましょう。

 

日焼け止めをのばしすぎないこと

日焼け止めをのばしすぎる女性が見受けられます。逆効果でメーカーが想定する適量より大幅に少なくなることも。期待できる効果(SPF、PA)が落ちるので要注意!

のばしている原因の多くが日焼け止めの白浮きです。適量を利用してもダメなら紫外線吸収剤タイプがおすすめ。白浮きにしにくです!好みしだいですがBBクリームやCCクリームでもok。

 

 

 

タイトルとURLをコピーしました